猫とキャンピングカー

猫とキャンピングカー?
猫と旅行にいくの??
普通に考えるとちょっと一般的な考えではないですよね。
いきなり思い切ったタイトルをつけてしまいすみません
 
実は私は猫を2匹飼っているのですが正直うちの猫の性格を
考えると猫と旅行にいくのはちょっとな…と思ってしまいます。

東京キャンピングカーレンタルセンターでは全車ペットOKなんですが
やはりペットと借りられる方は圧倒的に犬連れの旅行をされる方が多いんです。
 
もちろん外出が大好きな猫や何もストレスを感じない猫もいます。
そんな猫を飼っている飼い主さんは普段の旅行も猫と楽しく過ごして
いるのではないでしょうか。
 
ただ、猫は個体差もありますが基本的には場所に居つく動物なので
一緒に旅行にいく事自体、発想にない飼い主さんも多いのではないでしょうか。
 
『猫のストレスを考えれば住み慣れた家にいるのが一番』と考え
旅行や帰省にブレーキをかけてしまう飼い主さんも多いかと思います。
 
私なんかも猫を留守番させる事はあるのですがそんな時も
普段は2泊するところを1泊で我慢。
 
なんて事はよくある話で旅行からの帰り道はもう猫の事で頭がいっぱい。
 
ようやくたどり着いた玄関を開けるとそこには精一杯の声で
ミャーミャー鳴きながら近づいてくる猫になんだか申し訳ない
気持ちに勝手になってしまったりします。
 


そしてよくあるのが
 
・家族の不幸で急に実家に帰らなければいけなくなった。
・いつも預かってくれる知人の都合がつかない。
・猫が病気で薬をあげないといけないので留守番されられない。
・急な旅行でペットホテルが空いていない。
・そもそも留守番しているか心配で旅行中も落ち着かない。
 
などなど…留守番させられない時も出てくるでしょう。
 


そんな時、飼い主さんは自分の楽しみにしていた旅行や予定を
「猫の事を考えれば…」と泣く泣くキャンセル…それも飼い主さんの愛情だと思います。
 
それでも予定が出てきてしまうのが猫と共に暮らす人生というものです。
 
そんな時は少しでも猫のストレスを軽減させられるキャンピングカーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
 
基本的には運転中はリードやハーネスに繋ぐかケージに入れて運転席に入らないよう対策を行う事が前提です!
移動先で脱走なんて事があったらとりかえしがつきません!
 
それを踏まえた上で『猫とキャンピングカー』をおススメする理由をお伝えいたします。
 
・普段聞かない他人の声が聞こえない
 電車などの公共機関ですと他人の声が常に入ってくる状態です。
 人間になれていない猫は他人の声に敏感なもの。それだけでストレスになってしまいます。
 キャンピングカーなら身近な人だけの声なので安心です。飼い主さんも他人の前では
 使えない猫ちゃん言葉もいつも通り使えます(笑)
 
・普段のお家と同じように過ごせる(停車中に限ります)
キャンピングカーは乗用車と違いまるで我が家のように猫と触れ合う事ができますし、
使い慣れた毛布などを持ち込む事で家のようなリラックスできる環境に近づけてあげる事が可能です。
その他にもお気に入りの爪とぎやぬいぐるみ、おもちゃ、隠れるための箱なども設置ができます。
 

万が一の脱走があるので実際に猫を飼っているキャンピングカーオーナーの方でも必ずしもオススメはしないと
いう方もいらっしゃいます。

猫ちゃんと一緒にキャンピングカーでお出かけに行くときは
窓の開閉、ドアの出入りにも細心の注意を払いご旅行を楽しんでください!