コロナ禍でもキャンピングカーレンタルが好調に推移。旅行業が苦戦する中、8月前年超えの売上を達成。

日本最大級のキャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」は、2020年8月のキャンピングカーレンタル売上が、2019年8月に対し、110%まで増加していることを発表した。

インバウンド需要から国内需要へのシフト

Japan C.R.C.では2019年には売り上げの約20%をインバウンド利用者が占めていましたが、2020年には約新型コロナウイルスの影響によって約4%(4月以降は0%)まで大幅に減少しております。対して、国内のレンタル需要は緊急事態宣言解除後の5月末から、急上昇しており、2020年8月14日時点で前年8月のキャンピングカーレンタル売上を上回る110%まで増加しています。

コロナ禍によって利用傾向にも変化が

前年8月では利用日数が平均4泊5日でしたが、3泊4日と短めの利用となっています。利用人数も3密を避けるためか、平均5名から4名へと減っており、友人との利用に比べ家族での利用割合が増加傾向にあります。

都道府県内在住の利用者が前年に比べ、東京では65%から85%、大阪では65%から84%と増加しており、他県から公共交通機関を利用して現地でレンタルをする割合が減少しています。

また、利用範囲を近隣県までにとどめる利用者が半数以上を占めています。

Japan C.R.C.のコロナウイルス対策について

Japan C.R.C.がレンタルする車両については貸出・返却ごとにスタッフが隅々までアルコール等による消毒を行い、接客時についても毎日の検温、常に新品のマスクをつけての対応を徹底しております。